抗菌電子  植物模範セラミックス コロナ無毒化壊れた細胞が甦る


■・バイオセラミックス電子放射された超抗菌技術

■・蘇る水1㍍移動切れた蛍光灯の球点灯電子技術

■・喉の蓄積コロナや喘息「蘇る水」噴霧瞬間分解

■・コロナから身を守る術は血液を汚さない暮らし

■・異変ミュ株に対して、電子で菌を分解洗浄技術

■・高度な、蘇る水の暮らし血液が汚れず健康体質

■・バイオテクノロジーは植物の高度な技術開発力

■・蘇る水は添加物分解。ワクチン不要。健康身体

■・牛乳酸化。女性の乳腺を腐敗から守る唯一技術

■・酸化結合分解。バイオセラミックス抗酸化技術

■・エボラ高熱出血。エイズ。マラリヤ血液の改善

セラミックス抗菌電子技術 

 

 

 

コロナ・花粉・蘇生電子は菌類が寄り付かない抗菌力


副作用が強いワクチン化学物質

 

 

 

 

実験は100万回から誕生したバイオ技術


世界初コロナを無毒化技術発明は、30年前『如何すれば世に貢献できるのか』悔いの無い人生を決断して未来の挑戦をした。当時スキルは皮膚。毛髪化学。生薬漢方。水の電子技術の構築。植物の優れた技術を磨いた。触媒で作った【蘇る水】電気が点灯。様々な物を【酸化」⇒【蘇生】導く発明スキルを10年構築した。更に、植物模範力。生命力。治癒力。免疫力を10年磨いた。20年間の出来事は実験した人しか解らない。誰も知らない化学的根拠エビデンスは10年間で論文完成。100万回実験辿り着いたのは数百万の理論から生み出された【蘇る水】から微弱な電子が放射され水は、ナノミクロに構成され「酸化」⇒「分解」⇒「圧縮」⇒「凝固」⇒「沈殿」⇒「蘇生」に導くテクノロジーは、酸化した食と水道水の酸化を蘇らせる生活習慣病改善。36兆個の加齢の若返り。酸化した血液の改善技術。体質改善。花粉症の改善コロナ無毒化技術』でした。 9種電子含有【蘇る水】電子が放射されコロナ構造『(皮脂)×(蛋白質)=構成。コロナは人のタンパク質に絡み身体に侵入。コロナ毒の原子構造をバラバラに電子で離脱分解する無毒化技術発明』。水質浄化技術は人々の健康技術。172種添加物分解アレルギー毒素分解技術。空気の酸化結合分解する発明はCO2分解。地球温暖化対策技術。血の固まり血栓溶解技術。植物は幹に傷が付くと、樹液を出して傷ついた細胞を修復する技術を保有植物の優れた技術を【蘇る水】に転写技術です。植物模範技術応用の天ぷら油200℃の大火傷さえも傷跡が残らず根本治癒.。老化細胞が若返る蘇生技術。生活習慣病の改善は血液の汚れを酸化した食べ物の鮮度を上げて【蘇る水】36兆個の細胞を修復改善するホスピタル病院の設立進行中。コロナ感染ゼロの発明は、独学開発は失敗からきらりと輝く物を抜粋して開発構築して完成した

欧米や中国などでは今「ワクチン開発競争」が激化している。英オックスフォード大学が開発するワクチンは、早くも臨床試験の最終ステージに突入し、米製薬大手のファイザーも独ベンチャーと共同開発するワクチンの初期臨床試験が好結果だったと公表したばかりだ。日本も例外ではない大阪大学発の創薬ベンチャー・アンジェスがすでに治験を開始し、年内の実用化を目指しているほか、塩野義製薬も国立感染症研究所と共同で年内にも治験を開始する方向だというワクチン開発への期待は高まる一方だが、ノーベル賞博士本庶氏はこう警鐘を鳴らす。「そもそも新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスやHIVウイルスと同じように『DNA』では無く『RNA』を遺伝子に持つウイルスですこのRNAウイルスの場合効果的なワクチンを作るのは難しいことが知られています」 端的に言えば、二重らせんという安定的な構造を持つDぜろNAに対し、一重らせんRNAはその構造が不安定で、遺伝子が変異しやすい。「インフルエンザのワクチンを打っても効かないことが多いのは、流行している間に、ウイルスの遺伝子が変異していくからです遺伝子が変異してしまうと、ワクチンが効きにくくなったり、全く効かなくなったりすると言う」本庶氏が「首を傾げざるを得ない」と指摘するのが日本での臨床試験だ。例えば前出のアンジェスは、大阪市立大学医学部附属病院で臨床試験を開始している「日本で開発し治験までやると言っているグループがありますが、あまりに現実離れした話でしょう」YAHOOニュース抜粋。基本的血液が汚れている人は病が増加。体内の水が綺麗になればコロナ菌は身体から消えます

抗菌電子バイオテクノロジー

 

 

 

コロナ・花粉・菌類が寄り付かない超抗菌技術


抗菌電子バイオセラミックス技術

 

 

 

SOSEI  WATER BIO TEHCHNOLOGY


コロナウイルスは高山病と同じ現象。高山病は高い山に登ると酸素が薄くなり「酸素」が全身に行渡り無く呼吸が困難に成り全身が動かなくなります。コロナに掛る人は「例えば」水道水で食べ物を洗うと100%腐敗。酸化した料理で血液を汚し免疫力低下で生活習慣病掛ります。原因は病院にかかっている人。薬を飲んでいる人。免疫力・治癒力落ちている人は花粉症に成る人。血液が汚れている人は、コロナウイルスに掛りやすい人と想定されます。体内の汚れの改善が重要であり、健康な食事こそ第一財宝です。医者に行けば薬を多用され薬。添加物。ワクチン。農薬は石油から精製されガソリンと同じです。一人患者が来院すれば10年後は10種類の薬を飲まされ、病院の売り上げは一人1000万円の利益が生まれるインターネットに記載。薬を飲用すれば身体に入れれば副作用で当然体調不良が発生。血液の汚れた人の殆んどが花粉症・風邪を引きやすい癌にかかりやすい身体に成ります。平成19年~此れ迄12000様にセラ販売。特に老化の若返りは驚異的です。汚れた血液の改善を行う体験者の声は何故【蘇る水】セラミックスから電子が放射され池3333坪を5時間で分解するテクノロジーは汚水・悪臭分解。菌をナノミクロ分解現象【蘇る水】作るセラミにはカビが寄り着かない。苺14日間カビが寄り付かず風邪を引きにくい蘇生現象が生まれました。抗菌鰯料理は【蘇る水】生姜を煮込み6か月後の鰮料理はカビが全く来ず菌が寄り付かない。風邪を引きにくい。喉と口のうがい抗菌免疫料理を食しましょう

病院に行くと必ず薬を出され10年後15錠の薬で血管はボロボロになります。65歳過ぎると痴呆認知症が90%始まります。血液の汚れはコロナウイルスに掛かります。春に成ると花粉は、口、目、鼻に蓄積。家庭。会社飛沫感染症を防ぐ【蘇る水】蘇生電子テクロジーは、コロナ。花粉に対して【蘇る水】霧吹きに入れコロナに噴霧。コロナは「皮脂」と「蛋白質」構成され=【蘇る水】から電子が放射され、コロナイオンベンゼン核構造を分解無毒化になります。例えば:切れた電気球の点灯する電子技術は、蜂や蚊に刺されかゆみ。痛みを感じます。【蘇る水】から電子が放射され、かゆみは、皮膚から侵入した毒の分解時間は1分程度でかゆみが消滅した。身体の中のコロナ毒のイオン構造は、崩壊消滅します。細胞が壊れない実験は、2ℓ瓶の中【蘇る水】果実、野菜、米、茄、オクラ、生米、ご飯、苺、林檎】‥いろいろ浸けて見た。良く朝~3日目瓶の中の食材から酵素を放出白く濁り出しました沢山の食材で解った事は、「梅、ピーマン」は酵素が無く発酵せず。その後 蘇る水 2週間後~から瓶の中の水が透明に成りました。たばこの吸い殻を1m離して『水道水』【蘇る水】浸けて見ると水道水は、24時間後から腐り出して溶けて何も無く、煙草吸う人は危険肺がんに成る理由【蘇る水】中ではたばこの吸い殻は8年に渡りそのままでした。細胞が壊れない此れまでの実績12000様は、風邪を引きにくい効果。ワクチン添加物毒は100%副作用が有り。副作用の無い【蘇る水】日本中必要です

ダウンロード
植物模範バイオミオテックス理論.pdf
PDFファイル 675.0 KB


お問い合わせ TEL090-4308-3778

注意事項


当社ホームページに記載した、商標登録【蘇る水。グラード水】著作権使用者は、違約金の請求が発生します。『文章、映像』全て一行足りとてもコピーは禁止。文章、映像コピーは犯罪に成り、違約金が発生します。見つけ次第、違反者には著作権違反と成ります。弁護士を通じ違約金。3000万~1億円の被害金請求が発生します。著作権・偽造違法は、厳しく法律で対応します。