抗菌電子  植物模範セラミックス コロナ無毒化壊れた細胞が甦る



世界初コロナを無毒化技術発明は、30年前《 如何すれば世に貢献できるのか 》悔いの無い人生を決断して未来の挑戦をした。当時のスキルは皮膚。毛髪化学。生薬漢方。触媒で作った《 蘇る水 》電気が点灯。様々な物を【酸化】⇒【蘇生】導く発明スキルを10年構築した。更に、植物模範力。生命力。治癒力。免疫力を10年磨いた。20年間の出来事は実験した人しか解らない。誰も知らない。化学的根拠エビデンスは10年間で論文が完成。100万回実験辿り着いたのは数百万の理論から生み出された《 蘇る水 》微弱な電子が放射され水はナノミクロに構成され「酸化」⇒「分解」⇒「圧縮」⇒「凝固」⇒「沈殿」⇒「蘇生」に導くテクノロジーは、『酸化した食と水道水の酸化を蘇らせる生活習慣病改善。36兆個の加齢の若返り。酸化した血液の改善技術。体質改善。花粉症の改善。コロナ無毒化技術』でした。 9種の電子含有《  蘇る水  》蘇生電子が放射されコロナ構造体『(皮脂)×(蛋白質)=構成。コロナは人のタンパク質に絡み身体に侵入。コロナ毒の原子構造をバラバラに電子で離脱分解する無毒化技術発明』。『水質浄化技術は人々の健康技術』。『172種添加物分解アレルギー毒素分解技術』。『空気の酸化結合CO2分解。地球温暖化対策技術』。『血の固まり血栓溶解技術』。『植物模範治癒生命技術』。『老化細胞が若返る技術』。『生活習慣病の改善』。コロナ感染ゼロの発明は、独学開発は失敗からきらりと輝く物を抜粋して開発に構築した。病は血の汚れ、血液検査で《 蘇る水 》解明は単純です

欧米や中国などでは今、「ワクチン開発競争」が激化している。英オックスフォード大学が開発するワクチンは、早くも臨床試験の最終ステージに突入し、米製薬大手のファイザーも独ベンチャーと共同開発するワクチンの初期臨床試験が好結果だったと公表したばかりだ。日本も例外ではない大阪大学発の創薬ベンチャー・アンジェスがすでに治験を開始し、年内の実用化を目指しているほか、塩野義製薬も国立感染症研究所と共同で年内にも治験を開始する方向だという。ワクチン開発への期待は高まる一方だが、ノーベル賞博士本庶氏はこう警鐘を鳴らす。「そもそも新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスやHIVウイルスと同じように『DNA』ではなく『RNA』を遺伝子に持つウイルスです。このRNAウイルスの場合効果的なワクチンを作るのは難しいことが知られています」 端的に言えば、二重らせんという安定的な構造を持つDぜろNAに対し、一重らせんRNAはその構造が不安定で、遺伝子が変異しやすい。「インフルエンザのワクチンを打っても効かないことが多いのは、流行している間に、ウイルスの遺伝子が変異していくからです。遺伝子が変異してしまうと、ワクチンが効きにくくなったり、全く効かなくなったりすると言う」さらに、本庶氏が「首を傾げざるを得ない」と指摘するのが、日本での臨床試験だ。例えば前出のアンジェスは、大阪市立大学医学部附属病院で臨床試験を開始している「日本で開発し、治験までやると言っているグループがありますが、あまりに現実離れした話でしょう」。。YAHOOニュースから抜粋


抗菌電子バイオ技術    

 

 

 

コロナ・花粉・風邪・菌が寄り付かない 抗菌電子セラ技術



コロナウイルスは高山病と同じ現象。高山病は高い山に登ると酸素が薄くなり「酸素」が全身に行渡り無く呼吸が困難に成り全身が動かなくなります。コロナに掛る人は「例えば」水道水で食べ物を洗うと100%腐敗。酸化した料理で血液を汚し免疫力低下で(生活習慣病)掛ります。原因は病院にかかっている人。薬を飲んでいる人。免疫力・治癒力落ちている人は、花粉症に成る人。血液が汚れている人は、コロナウイルスに掛りやすい人と想定されます。体内の汚れの改善が重要であり健康な食事こそ第一財宝です。医者に行けば薬を多用され薬。添加物。ワクチン。農薬は石油から精製されガソリンと同じです。一人患者が来院すれば10年後は10種類の薬を飲まされ病院の売り上げは1000万円の利益が生まれるとインターネットに書かれていました。薬を飲用すれば身体に入れれば副作用で当然体調不良が起こります。血液の汚れた人の殆んどが花粉症・風邪を引きやすい癌にかかりやすい身体に成ります。平成19年~此れ迄12000様にセラ販売。特に老化の若返りは驚異的です。汚れた血液の改善を行う体験者の声は何故: 蘇る水 セラミックスから電子が放射され池3333坪を5時間で分解するテクノロジーは汚水・悪臭分解。菌をナノミクロ分解現象 蘇る水 作るセラミにはカビが寄り着かない。苺14日間カビが寄り付かず‥風邪を引きにくい。蘇生現象が生まれました。抗菌鰯料理は《 蘇る水 》生姜を煮込み6か月後の鰮料理は、カビが全く来ず菌が寄り付かない風邪を引きにくい。抗菌免疫料理を食しましょう

病院に行くと必ず薬を出され10年後15錠の薬で血管はボロボロになります。65歳過ぎると痴呆認知症が始まります。血液の汚れはコロナウイルスに掛かります。春に成ると花粉は、口、目、鼻に蓄積。家庭。会社飛沫感染症を防ぐ 蘇る水 蘇生電子テクロジーは、コロナ。花粉に対して 蘇る水 霧吹きに入れコロナに噴霧。コロナは「皮脂」と「蛋白質」構成され=《 蘇る水 》から電子が放射され、コロナイオンベンゼン核構造を分解無毒化になります。例えば:切れた電気球の点灯する電子技術は、蜂や蚊に刺されかゆみ。痛みを感じます。《 蘇る水 》から電子が放射され、かゆみは、皮膚から侵入した毒の分解時間は1分程度でかゆみが消滅。身体の中のコロナ毒のイオン構造は崩壊消滅します。細胞が壊れない実験は、2ℓ瓶の 蘇る水 果実、【野菜、米、茄、オクラ、生米、ご飯、苺、林檎】‥いろいろ浸けて見ました。良く朝~3日目瓶の中の食材から酵素を放出白く濁り出しました。沢山の食材で解った事は、「梅、ピーマン」は酵素が無く発酵せず。その後 蘇る水 2週間後~から瓶の中の水が透明に成りました。たばこの吸い殻を1m離して「水道水」「蘇る水」浸けて見ると水道水は、24時間後から腐り出して溶けて何も無く、煙草吸う人は危険肺がんに成る理由 蘇る水 中ではたばこの吸い殻は8年に渡りそのままでした。細胞が壊れない此れまでの実績12000様は、風邪を引きにくい効果。ワクチン添加物毒は、100%副作用が有り。副作用の無い 蘇る水 》日本中必要です

ダウンロード
植物模範バイオミオテックス理論.pdf
PDFファイル 675.0 KB

  環境技術

  理美育毛

   飲食業

健康相談

       PDF資料

       BIO通販