抗菌技術

 

    植物の模範力・バイオセラミックス抗菌力・コロナ終息技術


地球生態系の中に有る『生物模擬模範バイオミオテックス』テクノロジー活用した企業の製品開発は「例」新幹線空気の抵抗を減らす為ヘリカンの頭の形を新幹線の頭に採用。テレビやパソコンの画面の乱反射を防ぐ発明は、トンボの目を採用。傘の発明は、ハスの葉っぱに水を掛けると雨が弾く原理から傘の開発は有名です。バイオ技術応用コロナ終息発明は、植物は幹に傷が着くと樹液を出し傷を治します。植物模範応用は、200℃の皮膚の大火傷は傷跡は残りませんでした。植物模範を活用した技術を粘土に練り込み、1200℃燃焼陶器状1㎝玉のセラミックス開発に成功しました。菌類が寄り付かない。傷ついた細胞が蘇るセラを水道水2ℓ容器入れ、6時間後~高機能な微弱電子含有『植物模範力・免疫力』‥水道水に転写され植物免疫力機能を持つ蘇る水誕生。平成19年~令和2年迄に(3000世帯×4人=12000名様)使用後〜血液は真っ赤綺麗に成り風邪を引きにくい。免疫力治癒現象の報告が届けられています。全世界は、コロナ110万人死亡。日本は、コロナ重症化。死亡者が少ないのは、このためです。

ワクチン副作用..  

 

 

 

世界中でワクチンを開発しているが ノーベル賞博士が無理と警告する


欧米や中国などでは今、「ワクチン開発競争」が激化している。英オックスフォード大学が開発するワクチンは、早くも臨床試験の最終ステージに突入し、米製薬大手のファイザーも独ベンチャーと共同開発するワクチンの初期臨床試験が好結果だったと公表したばかりだ。日本も例外ではない大阪大学発の創薬ベンチャー・アンジェスがすでに治験を開始し、年内の実用化を目指しているほか、塩野義製薬も国立感染症研究所と共同で年内にも治験を開始する方向だという。ワクチン開発への期待は高まる一方だが、ノーベル賞博士本庶氏はこう警鐘を鳴らす。「そもそも新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスやHIVウイルスと同じように『DNA』ではなく『RNA』を遺伝子に持つウイルスです。このRNAウイルスの場合効果的なワクチンを作るのは難しいことが知られています」 端的に言えば、二重らせんという安定的な構造を持つDNAに対し一重らせんのRNAはその構造が不安定で、遺伝子が変異しやすい。「インフルエンザのワクチンを打っても効かないことが多いのは、流行している間に、ウイルスの遺伝子が変異していくからです。遺伝子が変異してしまうと、ワクチンが効きにくくなったり、全く効かなくなったりすると言う」さらに、本庶氏が「首を傾げざるを得ない」と指摘するのが、日本での臨床試験だ。例えば前出のアンジェスは、大阪市立大学医学部附属病院で臨床試験を開始している「日本で開発し、治験までやると言っているグループがありますが、あまりに現実離れした話でしょう」YAHOOニュース抜粋。汚れた血液にワクチン投与しても「例」どぶ川にワクチンを打っても効かない』。退院後には、後遺症78%の人が再発して困り果てていると報道されていました。薬の副作用で身体がだるい。熱は下がらない世界中の人々は困り果てています。「蘇る水」は、植物の模範応用技術は細胞に傷が付くと細胞の基底層から結合して傷ついた細胞が甦ります。汚れた水を蘇らせるセラミックステクノロジーは、体内の水を蘇らせ真っ赤な血液液になります。人類の老い老化細胞が若返る特化技術です。乳癌予防技術。副作用の無い。《蘇る水》ワクチンは、この事態を予測して30年前から開発進行中です

植物の模範技術..  

 

 

バイオセラミックス《蘇る水》暮らし家庭・会社・自治体 コロナ終息へ


世界に類の無い発明を発見したのは植物の模範力でした。本格的に開発が進行したのは、平成12年2月2日始まりました。1m足らずの植物に特殊酵素を希釈して観葉植物に毎朝与えた。植物は酵素活性して3m50㎝伸び天井に設置した、エアコンの中に突入した。「夏冷風10℃。冬温風50℃」3年半年何故枯れない。不思議に思い葉を触ると、ベトベト粘液物を出しエアコンの風に耐えていた植物は幹に傷が着くとべとべとの樹液出し細胞を治す働きが有ります。”《植物模範力を活用⇒天ぷら油200℃の大火傷さえも2週間で細胞を再生してケロイドに成らず傷跡が残らない治癒現象は、コロナウイルスの変化する毒から人類を救済する》”バイオ技術を粘土に練り込み、1200℃温度燃焼した陶器状1㎝玉陶器状の水や空気酸化が蘇るセラミックスが完成した

 

老いた『DNA』蘇らせる2つの発明は、植物治癒バイオセラに接触電子含有(蘇る水)切れた電球の球が9回点灯した。①「セラ電子」×②「植物模範」=セラに接触(蘇る水)電子が放射され壊れた大火傷迄も36兆個細胞に組み込まれた『(陰)×(陽)』高速回転で傷ついて壊れた細胞がアメーバーの様に基底層から蘇り2週間』甦生技術。セラ浄化技術は、血液の汚れの改善速度は瞬間~2週間壊れた細胞が蘇ります。セラ映像はマンションは結露でカビが湧たが、セラ周辺はカビが寄り10㎝範囲には寄らない抗菌力電子技術。平成19年~3000名令和1年に販売実績は家庭・会社でセラに接触させた水道水は『植物の模範力+セラ電子波動が水に転写され』高機能な(蘇る水)飲用。調理水を活用後~血液改善。風邪詰った鼻に(蘇る水)噴霧~鼻は瞬間通過。体験談は風邪を引かない。免疫力治癒力効果です。日本はコロナに掛る人は少ないと言う証明は、コロナウイルスに対して、電子でナノミクロに分解。植物治癒力(蘇る水)暮らしを実現。副作用の無い高度な《 蘇る水 》食と水の」暮らしが必要です


切れた電球

汚水浄化前

蛍光灯点灯

テレビ中継

水質改善後

蘇り池ビデオ


高度な抗菌暮らし 

 

 

      医療費ゼロの暮らしは《 蘇る水 》酸化した食と水の改善が重要


私達は何故:病に掛るのでしょう。人の体内は60%~80%の水と血液の83%水で構成されています。原因は、空気に触れた全ての食べ物と水道水で洗った食は100%腐敗。酸化した料理で血液を汚し生活習慣病が始まります。癌は2人に一人の時代。癌は様々な種類が有り年間100万人他界。平成30年12月厚労省発表糖尿は1000万人超え原因は血液の汚れです。汚れた血液の中には様々な『癌。糖尿。白血病。心不全』‥血液検査で解る時代です。医療費はコロナで更に増加45兆円~20年後80兆円が予想この数字は永遠に止まる処ない。病院に行けば初診で3錠の薬を処方され副作用で体調は悪化。薬は合成薬でワクチン‥副作用が出ると医者に相談後、身体は壊す医学で新薬を出され10年後~30年後永遠と治す医学は皆無です。医学は永遠と医療費が増え伸び続けているのです。日本の経済が沈下する中でも医学の経済は伸び続けていますコロナは何処に湧いているのか血液の83%住んでいます。人の血液の汚れと池の汚水は同調しています。血液を綺麗にする方法は、植物模範力から開発誕生した《 蘇る水 》家庭に取り入れ、食と水の改善は、体質に合わせ一日2㍑~飲用便秘改善。成人の排尿は7回です。コロナに負けない健康作りが日本には必要です。

 

子供の頃からの食は味噌汁。野菜‥中心に生活で病院は行くことも無く絶えず食と健康に興味が有りました。健康は自分で解決する考えです。ある日咳が続いて肺に傷が入り数年後に交通事故に会い。胸のレントゲン写真を撮ると喘息の後が消えていた。医者は大変驚ていた。有る日冷蔵庫で封を切った牛乳が腐るのか謎を解明した。植物模範から開発誕生したバイオセラを水道水に入れ6時間後~電子とミネラル含有《 蘇る水 》を牛乳に30%投入後瞬間発酵ヨーグルトに成り常温で2週間常温で腐敗無。女性は乳腺を持ち酸化した食生活で乳癌は年間38万人乳癌で他界している現実から解放される方法を発見した。酸化を防ぐ高度な《 蘇る水 》暮らしを家庭に取り入れ酸化した、野菜。果物。魚。洗うだけで酸化から解放され血液が汚れない暮らしに導かれます。《 蘇る水 》開発者はいつも健康な食生活で血液は真っ赤です。《 蘇る水 》洗浄野菜を食し主に生姜。玉ねぎを毎日食しています。セラから転写された食の抗菌実験は《 蘇る水 》電子が放射され鰯料理『「生姜。玉ねぎ』を入れ一年間全く腐らず抜群の抗菌力にて風邪を引きにくい謎を発見した。血液は真っ赤に成り血液が綺麗な人は、生活習慣病に成らず医療費ゼロを全国へ拡販しています


生姜 鰯料理

1年~

健康な血液

3日血液劣化無

大やけど ⇒ 2週間後~細胞再生 


ダウンロード
抗菌バイオ技術.pdf
PDFファイル 922.2 KB

お問い合わせ

 

冷やかしのお問い合わせはご遠慮ください。法人様の技術相談は有料です。


メモ: * は入力必須項目です


  環境技術

  理美育毛

   飲食業

健康相談

       PDF資料

       BIO通販