安全性試験  BIO CERAMICS WATER TECHNOLOGY


バイオセラミックス安全性            

 

 

 

 

健康から加齢迄も若返らせ 地球環境温暖化好適環境技術


植物の模範から開発したバイオセラミックスの安全性は、模範酵素を粘土に練り込み1200℃の温度で燃焼させた陶器状1㎝球の不純物は一切無し。日本食品分析センター安全データー表示。水道水の安全性は、岡山県健康づくり財団好適機関試験は水質適合水としてPH7.2数値が認可されています。吉備津彦神社汚水BOD14.1年度BOD2.6。平成19年~生活習慣病の元水道水の酸化を蘇らせ、此れまで弊社と販売会社様を含め此れまで10万人様を健康に導き生活習慣病の改善医療費3800億円削減しています


水質適合水PH7.2

神社汚水 BOD14

一年後 BOD2.6

日本食品分析センター



SDGs17項目達成 国の評価は  全ての技術がノーベル賞と回答に驚き!

 

 

 

全ての人に健康と福祉の医学革命 ゼロコロナ開発  認知症改善SPA

  


注意事項


当社ホームページに記載した、商標登録【蘇る水。グラード水】著作権使用者は、違約金の請求が発生します。『文章、映像』全て一行足りとてもコピーは禁止。文章、映像コピーは犯罪に成り、違約金が発生します。見つけ次第、違反者には著作権違反と成ります。弁護士を通じ違約金。3000万~1億円の被害金請求が発生します。著作権・偽造違法は、厳しく法律で対応します。