蘇る水..  病んで壊れた老化細胞が蘇る 癒しの酒開発


細胞の若返り酒  

 

世界の何処にも無い 旨い美味しい。お酒作りませんか


植物実験では、

特殊な酵素を1m植物に与えた植物は、細胞を活性3m50㎝成長天井EACON突入。夏10℃冷風。冬50度温風3年間全く枯れず葉を触ると植物はEACON乾燥に耐える為べとべとの粘液物を放出していた。植物は、己の細胞を守る技術を保有。植物は幹に傷が入ると樹液を出し傷を治します。植物模範活用200℃天ぷら油火傷は、壊れた細胞が傷跡も残らず根本治癒した。生命の水の開発は、特殊酵素を粘土に練り込み1200℃温度燃焼1㎝玉のセラミックスが完成した。《 蘇る水 》電子を発見は、水道水5ℓタンクにセラ2週間放置した。出来上がったセラ水を5m移動した。すると天井に有った切れた電球の玉が点灯した。驚きです。《 蘇る水 》CERAから電子を放出カビも菌も寄り付かない抗菌力技術です。水質浄化は汚水3333坪汚水に散布5時間で甦らせた技術は、電子の力で汚水を分解する技術を健康に活用した。健康は《 蘇る水 》飲用後~体内60%~80%水と血液の83%の汚れを分解した。老廃物を排泄。血液の汚れの改善を実現した《 蘇る水 》で生活すると医者がつけた難病を、一日から2週間で血液の汚れの改善は顕著に表れた。医者が付けた難病は血液浄化後病は総て消えた。お酒の開発にも《 蘇る水 》体質改善が必要です。

ワインの元なる葡萄は収穫時~玉落ちが始まります。この時強い灰汁が生まれ葡萄は不味く成ります。ワインにしても灰汁が有ります。葡萄を食べた10個~強いほっぺたの奥に灰汁渋みを感じます。旨いワインは何処にも無いですね【葡萄の玉落ちした葡萄は酸化しています。このままワイン醸造にしても灰汁が有りけして美味しいと言えません。ワインにしたと言っても、最高級のワインなど醸造は不可能です。空気の酸化に勝てる水が必要です。《 蘇る水 》テクノロジーは玉落ちも無く灰汁も消え《発酵・熟成・芳醇》2週間で水が透明に成ります。《 蘇る水 》中では細胞が壊れず100年の葡萄酒が製造可能。果実の中には【果糖。ブドウ糖。単体であり。2つが結合するとシヨ糖】一番甘い果実に甦ります。酸味クエン酸もUPされ美味しい葡萄ワイン葡萄農家に成る為は時間が掛るそこでM&A=ワイン工場を手に入れ《 蘇る水 》皇帝ワインを作る夢があります

体質改善健康酒  

 

 

蘇る水の中で2週間発酵が止まり 水が光り出します


平成24年6月~サンプル瓶2㍑瓶の中に《 蘇る水 》を入れ、様々な食材を浸けて見た。『野菜。果物。ごはん。米。にんじん。じゃがいも。オクラ。玉ねぎ。さつま芋。ピーマン。リンゴ。梅。びわ。苺。生肉・バナナ・タバコ。紙。朝鮮人参。塩の中の釘。牛蒡。トマト』等、酵素活性発酵が始まり(瓶の中は白い)酵素が沢山発生。2週間後水が透明に成ります。様々な果実野菜や果実は酵素を放出したが、酵素を持たない野菜は子供が嫌う「ピーマン」でした。セラミックスの水に接触させ3年~10年経過鉄さびは黒さびに変わり新品の釘は新品のままです。《 蘇る水 》は腐敗が起こらない。繊維の無い野菜は」水の中では圧縮。名刺や紙を浸けていますが止めず細胞を維持。トマト。大根繊維質の物は3年前と全く同じ状態で維持されて100年でも1000年でも蘇る水の中で眠った様に存在すると想定。身体は、60%~80%の水と血液の83%は水で構成されています。水道水の中に食材を浸けて見ると、腐敗が24時間後には起こり「悪臭腐敗」劣化細胞が破壊的流動的に細胞が壊れます。驚異《 蘇る水 》の技術は、酸化に対して、人と地球の水を清浄化する酒開発は「無形の財。富。付加価。蘇生の経済」人を健康に導きます。癒しの幸福酒の開発には食べ物が非常に美味しくなりますのでお酒開発には大吟醸を超えると想定。山陽新聞社《 蘇る水 》酒開発には協力すると語っていた。

お問い合わせ                                                Annoying  MALI  Ban


メモ: * は入力必須項目です