蘇る水®    日本を健康に導く 蘇生技術 新大吟醸プロジェク


世界の何処にも美味しい酒やワインは一つも無い身体を壊す物ばかりです。地下水&水道水で洗った全ての食べ物は100%腐ります。通常の仕込んだ米は、空気の酸化にて腐敗に向かい米は芯が残ります。《 蘇る水 》米の旨味成分アミロペクチンが抽出され米粒は大きくなり水は半永久的に水は腐敗無し。下の映像《 蘇る水 》中では全ての食べ物は腐敗が止まり。発酵。熟成。芳醇となり全ての食べ物が美味しくなります。『生物模擬模範バイオミックス』テクノロジーは、生命力、治癒力、免疫力、蘇生力』‥活用。植物は幹に傷が付くと樹液を出し傷を癒します。植物模範力を注入した「《 蘇る水 》×=バイオセラミッククス」で炊いた飯は、ご飯で食べれる旨さは格別であり、旨い美味しい。概念を超えた酒が造れる根拠があります。《 蘇る水 》老化細胞迄も若返る血液が綺麗になる健康酒を開発が可能になります。《 蘇る水 》電子が放射され、切れた電球の球が点灯した技術は、電子で腐敗する酸化結合を切り離し電子は汚水3333坪5時間浄化。電子は細胞を活性させ老化細胞を若返らせる実績が有ります。お酒を飲むと体調が悪化する人が多いのは血液を汚しお酒は百薬の長では無い。体内は60~80%水と血液の83%は水で構成。血液を汚し健康になるお酒が世の中一つも無い実態。30歳~60歳過ぎから認知症を改善してた実績‥あります。老化細胞迄甦らせ体の好適環境を実現する酒の開発が実現します


切れた電球

汚水浄化前

蛍光灯点灯

テレビ中継

水質改善後

蘇り池ビデオ



植物の模範 世界最高峰の酒 

 

 

 

世界の何処にも無い。世界一美味しい。お酒作ります


平成24年6月~サンプル瓶2㍑瓶の中に《 蘇る水 》を入れ、様々な食材を浸けて見た。『野菜。果物。ごはん。米。にんじん。じゃがいも。オクラ。玉ねぎ。さつま芋。ピーマン。リンゴ。梅。びわ。苺。生肉・バナナ・タバコ。紙。朝鮮人参。塩の中の釘。牛蒡。トマト』等、酵素活性発酵が始まり(瓶の中は白い)酵素が沢山発生。2週間後水が透明に成ります。様々な果実野菜や果実は酵素を放出したが、酵素を持たない野菜は子供が嫌う「ピーマン」でした。セラミックスの水に接触させ3年~10年経過鉄さびは黒さびに変わり新品の釘は新品のままです。《 蘇る水 》は腐敗が起こらない。繊維の無い野菜は」水の中では圧縮。名刺や紙を浸けていますが止めず細胞を維持。トマト。大根繊維質の物は3年前と全く同じ状態で維持されて100年でも1000年でも蘇る水の中で眠った様に存在すると想定。身体は、60%~80%の水と血液の83%は水で構成されています。水道水の中に食材を浸けて見ると、腐敗が24時間後には起こり「悪臭腐敗」劣化細胞が破壊的流動的に細胞が壊れます。驚異《 蘇る水 》の技術は、酸化に対して、人と地球の水を清浄化する酒開発は「無形の財。富。付加価。蘇生の経済」人を健康に導きます。癒しの幸福酒の開発には食べ物が非常に美味しくなりますのでお酒開発には大吟醸を超えると想定。山陽新聞社《 蘇る水 》酒開発には協力すると語っていた。

世界初36兆個細胞の若返り酒  

 

 

 

 

蘇る水の中で2週間発酵が止まり 水が光り出します



先人達の百薬の長寿は、酒を飲みすぎ二日酔いになり。げろを吐きもう酒は飲まいと朝から宣言するが夜になると腹いっぱい飲むと、翌日はもう酒はころごりと言った人が日本国中にどれだけいるのか。体を壊し腹は太鼓腹になり。肥満から糖尿になり体を壊しています。《 蘇る水 》は、食と水の改善で医者が付けた難病は根本治癒しました。血液の中には様々な老廃物が蓄積しています。過去に食した食カス。『薬。3000種類の食品添加物。脂・油。農薬。化学物質。癌。糖』‥血液を汚し。免疫が低下花粉。コロナに掛かり医療費は一人38万円×家族4人で年間151万円医療費436000億円が国の財政を圧迫。開発は30年間健康の基礎開発を行い身体の60~80%。血液の83%構成されています。植物の模範技術から考案誕生した電子が含有している《 蘇る水 》飲用。うがいをすると喉の奥に溜まった。喘息の元淡コロナ菌なども溶けだしてきます病は血液の汚れと生体水の汚れです。此れまで12000様を健康に導き、80歳でも老化が若返り最大40歳も若返った人がいます。ご飯が美味しい。冷めても美味しい。瓶の中に米やご飯を入れ、8年も腐敗が無い酒開発に最高の技術です《 蘇る水 》百薬の長寿酒開発プロジェクトです

 

ワインの元なる葡萄は収穫時~玉落ちが始まります。この時強い灰汁が生まれ葡萄は不味く成ります。ワインにしても灰汁が有ります。葡萄を食べた10個~強いほっぺたの奥に灰汁渋みを感じます。旨いワインは何処にも無いですね。葡萄の玉落ちした葡萄は酸化]しています。このままワイン醸造にしても灰汁が有りけして美味しいと言えません。最高級のワインなど醸造は不可能です。空気の酸化に勝てる水が必要です。《 蘇る水 》テクノロジーは玉落ちも無く灰汁も消え《発酵・熟成・芳醇》2週間で水が透明です。。《 蘇る水 》中では細胞が壊れず100年の葡萄酒が製造可能。果実の中には【果糖。ブドウ糖。単体であり。2つが結合するとシヨ糖】一番甘い果実に甦ります。酸味クエン酸もUPされ美味しい葡萄ワイン葡萄農家に成る為は時間が掛るそこでM&A=ワイン工場を手に入れ《 蘇る水 》皇帝ワインを作る夢があります。ご飯を炊く実験は炭から始め他社セラを実験。何の効果も無く。脳裏に描いた米の旨さを追求した。バイオセラミックスでも幾たびご飯の理想は出来ず。ある日組み合わせを変えると。《ご飯の中のアミロペクチンが抽出され》。ご飯は冷めても旨い。翌日黄色くならず。世界の誰もできない日本酒の開発に進行した。


  環境技術

  理美育毛

   飲食業

健康相談

       PDF資料

       BIO通販