蘇る水   VS   地球    蘇生環境を実現する



植物治癒力《 蘇る水 》発明した電子抗菌力セラミックス技術は地球環境温暖化改善技術。セラに接触させた水から電子が放射され5m離れている天井の切れた電球の球が点灯する《 蘇る水 》代わりました。菌が寄り付かない抗菌電子技術は、コロナ経済損出の中12000名様が風邪を引きにくい【免疫・治癒力。蘇生効果】鳥インフルエンザにも画期的な効果も出ると想定。池の汚水3333坪赤潮は電子で《酸化⇒分解⇒圧縮⇒凝固⇒沈殿》を繰り返し5時間で水を浄化。温暖化を改善《 蘇る水 》から電子の力は、『水質浄化。汚水分解。悪臭分解。CO2分解。BOD分解。全リン分解。全窒素分解』上のビデオを参考に、岡山県健康作り財団の表で閲覧下さいませ

 

温暖化加速CO2は、植物40%吸収。空間に30%。海に30%吸収されます。全国の海湾岸に藻が無い理由は、大雨が降り土砂が河川に流れ天藻が全国から消えています。近海漁業は漁獲高減少改善は、秋の海にセラを網に入れ石を入れ沿岸に散布します。半年後~春には、海底に天藻が生えプランクトンが湧き。魚が藻に卵産み付け。小魚が湧き。中型魚。大型魚が集まり、食物連鎖で100年前の海域が蘇る発明に繋がります。遠洋漁業は燃料が高く合わず蘇生技術は近海魚業が実現。『全国の湾岸に魚が沸くと港から見える浜辺は近海業になり漁港は町に活気が蘇ります」。酸化した汚水のPH削減技術。養殖魚ブランド。水質改善。臭み改善。生育改善。旨味改善。畜産は牛・豚・鳥ブランド開発。果実ブランド作りは、岡山県土壌は、何処もPH5.4。酸化土壌改善PH7.5。連鎖障害改善。鮮度改善。果汁改善。糖質改善。葡萄玉落ち改善。水が甦れば蘇生の産業に導きます


温暖浄化技術     

 

 

台風削減~冷蔵(3℃)氷が張る CO2分解温暖化対策


台風はどこで生まれるのか(?)海面付近水温が平均水温が26℃以上になる海は(フィリピンと台湾)間あたり北緯20度線より南側です。台風被害は一年間日本に台風上陸、農業、水産、畜、家、車、電車、建築破壊‥人が数百人死に経済の悪化低迷します。一年間1700億円以上の被害が起こっています。其処で冷蔵庫内4℃で氷が張る技術を日本世界が応用すれば。家庭・飲食店で《蘇る水》使用する事で、人々は生活習慣病の改善を手に入れ医療費削減。風邪に対応免疫力・治癒力が備わります。飲食店では旨いと口コミで繁盛店作りに繋がります。キッチン流れる(蘇る水)排水溝浄化。干潟の小動物を癒し大河へと流れ地球環境浄化CO2分解。大型台風の発生防止。土壌汚改善。水質改善BOD削減。空気を浄化する《蘇る水》作るバイオセラミックスを様々な方法で活用する事で、平均気温1.5度を下げる事が可能に成ります。世界中の氷河の氷が解ける現象を、再び100年前の地球に甦らせる唯一の方法です。温暖化加速させる石炭・車の触媒・工場』水を甦らせる技術は空気の廃棄ガスCO2分解。植物の治癒力考案開発。バイオ技術を世界中が使用する事で100年前の地球環境に蘇ります。地球環境迄も蘇り氷河の復活こそ温暖化防止になります。

 

地球温暖化を甦らせる方法は、温暖化の元となる「(CO2)は、イオン構造ベンゼン核」から成り立ちます。(薬の構造と類似)植物の治癒力バイオセラミックスから放出される微弱な電子の働きで、万物は壊れた細胞を「水蒸気・空気・汚水」甦らせる力が有り《蘇る水》に変わります。石炭に於いては《蘇る水》から放射される電子含有を石炭に掛ける事で、石炭ガスCO2イオンベンゼン核の構造(酸化⇒圧縮⇒分解⇒凝固⇒沈澱)CO2を削減します。ドイツも石炭火力発電から風力発電へ。日本も、石炭火力発電停止と成れば電気代が上がります。安価な石炭の見直しが必要です。

池を浄化セラミックス『汚水のイオン構造をバラバラに離脱』万物の酸化結合「酸化⇒分解⇒圧縮⇒凝固⇒沈殿」万物構造はco2ナノミクロ「全リン・窒素」構造変わります。冷蔵庫の中《蘇る水》入った(野菜。蜆。苺)冷蔵庫の中は3℃~4℃ですが3日目~氷が張る現象が起こります。通常-1℃で氷が張りますが《蘇る水》は、アルカリの電子を含んだナノミクロ粒子は、氷点が変わり3℃で氷が張る現象こそ氷河が甦ると想定します。

日本を蘇らせる方法は、人口減少は食と水の酸化で血液が汚れ医療費は、42兆6千億円掛りコロナ45兆円に膨れ上がって無駄な医学で経済悪化

養殖ブランド  

 

 

蘇る水~魚の老化細胞の若返り。輸送中の驚異の鮮度回復水質改善



上の映像は処理半年前は、悪臭漂うへどろ臭でした。水や空気を浄化する植物模範水質改善バイオセラミックスを汚水の中に「水質改善環境セラミックスから電子が放射」入れることで、(汚水⇒分解⇒圧縮⇒凝固⇒沈殿)にて水の領域が広がり水は清らかに成り生態系を癒しました。昔の山は、ミネラルを含んだ山水が海を肥やしていました。現代の海は、環境破壊で山は痩せています。何処の県も土壌はPH5.4です。腐葉土と同じミネラルが(バナジューム。ケイ素。マグネシユム。カリユーム)溶け出し水は清らかになり海は豊かになっていました。バイオセラミックスのミネラルは養殖魚の成長を早め、餌の改善は魚臭「(メチルアミン)」が消え美味しい魚に代わります。例:魚屋から購入した魚を《 蘇る水 》浸けて3分後:冷蔵庫へ保管すると)。9時間~鮮度が上がり食材は大きくなり臭みは消え取れたて以上の新鮮魚に成ります

風邪を引くと、養殖魚を食べろ風の噂は実論事実です。酸化した餌を稚魚に与えストレスで魚は病に掛ります。香川県の養殖業者から怖い恐怖の話を聞く事が有りました。出荷までに10回ワクチンを与えると背骨が曲がり出荷時に切り身にして販売実話と言う)。驚きの実話です。海の場合は、筏にセラミックスを垂らし水質改善。環境改善。餌に(蘇る水)練り込むと魚の病消え。死滅大幅に減少。生育発育の改善。海全体近隣の水は汚れなくなります。5年前には、鹿児島の養殖業者の方から海が汚れ)数千億円赤潮で損害が有ったと聞きました。赤潮分解技術は、セラミックスから電子が放射され、(汚水⇒分解⇒圧縮⇒凝固⇒沈殿)に赤潮のイオンベンゼン核構造を分解します。魚の悪臭は消え、天然魚近い余分な脂肪が分解され魚体は締まり消え健康な肉質旨み増加します。老化細胞が若返る技術は魚にも顕著に現れます。世界の何処にも無いご飯は、3日経過後、黄色くなりません。冷めての美味しい。寿司飯に最高です。飲食店をはやらしたテクノロジーは鰻屋革命は8000円~1万円の高級うな重作れます

ダウンロード
病を誘発させ病気を作り出す養殖業.pdf
PDFファイル 125.8 KB

蘇生革命ブランド

 

 

農業。畜産。果実。糖質改善。うま味改善。鮮度改善蘇生技術



宇宙船地球号の中は(酸素)×(水素)=結合にて空気が生まれ、空気に触れた生命が有る物は、酸化が常に起こり万物が破壊され流動的に腐敗が起こります。岡山県の土壌は何処もPH5・4でした。連作障害など当たり前です。石灰を巻きアルカリ土壌になりますが、温暖化で豪雨で石灰は河川煮流れ酸化土壌に戻ります。水道水で洗った食べ物は100%腐り冷蔵庫へ保存後、酸化した食べ物や食事は血液が汚れ、生活習慣病に成り病院通いが始まります。医者も解らずただ薬を出して30年も通っても病は悪化。認知症増加。養殖に於いても魚は囲いでストレスが起こりワクチン投与後、骨は曲がり生産性や環境破壊水が汚れます。苺‥市場に出れば3日でカビが来ます。畜産に於いても病に掛かり生命も脅かされます。環境は悪化で蠅が沸きます。糖質に於いても、糖度は上がらず海外出荷は腐敗が起こります。難問題を解決するテクノジーは、30年間に於いて様々な蘇生実験を行いました。空気の酸化に負けない蘇生技術は、酸化した水は「蘇生発酵」されカビは2週間も来ず。白桃の糖質は12.6℃⇒15・6度UPしました牛。豚・鶏舎の水を貯めるタンク(酸化を蘇らせるバイオセラミックスを投入)するだけで、水は《 蘇る水 》蘇り肉質改善。生育の改善。環境の改善。米のワンランク上の米改造は、水田の入り口に水が流れる箇所に、バイオセラミックス置くだけで水田は水が光り出します。米粒は大きくなり3等米⇒1等米に代わりうま味増。環境に於いてはBOD14⇒2.6。ブランド農業・果実。水産。畜産。他社差別技術が必要です

蘇る水のニュース

BIO予防医学

家庭で育毛

お問い合わせ

各種PDF資料

  若返り通販