環境革命 CO2分解..  国連提案・コロナ終束WHO


植物の治癒力開発誕生した蘇る水テクノロジーは、地球環境温暖化改善蘇生技術です。酸化した水を蘇生に導くセラミックス電子技術はCO2イオン構造を分解技術。近海漁業は、秋の海にセラを沿岸に散布。半年後~春には《海底に天藻が生え》食物連鎖で100年前の海域が蘇る技術。酸化した汚水のBOD改善技術。養殖魚ブランド改善。水質改善。臭み改善。生育改善。旨味改善。畜産は、牛豚鳥ブランド開発。果実ブランドは、岡山県土壌は何処もPH5.4酸化土壌改善PH7.5。連鎖障害改善。鮮度改善。果汁改善。糖質改善。葡萄玉落ち改善。水が甦れば豊かな産業に蘇ります

バイオ開発礎『生物模擬模範バイオミテックス』テクノロジーを、独自の精錬技術を多岐に渡り開発に成功しました。植物は、幹に傷が着くと樹液を出し傷を治癒します。植物模範技術は、天ぷら油200℃大焼けど14日傷跡が無い。《蘇る水》電子含有発見は、5タンクにセラミックスを3分の一入れ2週間後バケツにセラで作った《蘇る水》移動させた。5m離れた天井の切れた蛍光灯が点灯した。布団乾燥機にセラを入れ布団を乾燥3時間後~再び切れた電気点灯した。コロナ終息礎の発見は、結露でカビ部屋中に発生。《蘇る水》作るセラから電子が放射されカビが寄り着かない電子技術です。36兆個細胞は、コンピューターと同じ電子で構成され 身体から電子が消えるとご臨終です。65歳過ぎると、5人に一人。痴呆・認知症は、食と水の酸化で脳の血液が汚れ、脳から 電子が消え記憶障害が発生。改善策は、セラに接触させた電子を含んだ蘇る水一日2飲用~脳の活性は頭に噴霧。細胞壁を通過⇒脳の血液の汚れ改善は”『植物模範+電子セラ技術=2つの技術』”過去の記憶が甦り記憶障害改善体験談。温暖化対策は、CO2イオン構造《蘇る水》噴霧⇒蜂の巣構造ベンゼン核が変わりCO2分解。野菜実験では、蘇る水与え植物は、甦生活性良く成長した。農業の好適環境は「連作障害。鮮度。糖質。アミノ酸。果汁‥甦生改善。吉備津彦神社の汚水改善は3333坪汚水はナノ電子で汚水は5時間で汚水の構造が変わり「BOD14処理⇒1年後BOD2.6」驚異の数字が出た。水が変われば全ての人や産業が蘇る最高の技術が完成しました

ダウンロード
吉備津彦神社汚水平成18年~21年 33333坪汚水.pdf
PDFファイル 3.2 MB

赤潮浄化技術..   水質汚染改善 温暖化改善 驚異のバイオセラミックス技術


吉備津彦神社の汚水3333坪神社境内にセラミックスを撒くと5時間で水質が変わりました。半年後には、ヘドロの上に藻が生え緑の絨毯が広がりました。台風被害で海も河川から流れる様々な(農薬・工場排水・土砂)で天藻が消え、家庭排水でどろで海は汚水海水に成り、漁獲高が年々縮小されています。水の汚れ三重県・長崎県・愛媛県‥真珠のあこや貝が大量に死に海が汚れると一級品はどんどん減り真珠業界も低迷。神社の境内に湧く淡水赤潮も消え10年経過しても淡水赤潮が湧きませんでした。現在の海は汚れ全国裏裏まで赤潮が湧き魚が死滅何十億円も被害改善改善します。日本の100年前の海は海水は透き通り、海はミネラルが豊富な海は、魚がうじゃうじゃと湧き浜辺はにぎわっていました。昭和50年代頃日本近代化に成り工場排水が増え海は汚れ切り、熊本のヒ素被害。三重の排水で魚は死に死の海と成りました。秋田県の海がハタハタで業で浜はにぎわいましたが今は少ないと言われ。牡蠣の食中毒が起こるのは海の汚れで(腸炎ビブリオ菌・サルモネラ菌・O21号)が海の中で魚に着き、飲食店は食中毒に成り飲食店も衰退します。飲食店は半年で倒産率50%。5年で倒産率80%です。飲食店が流行らないのは日本の不景気と連動しています

植物プランタン実験では、『左《水道水》』:VS:(右《蘇る水》』。ユリ。葉キャベツ。プランタン。左右の映像。農業の報告は(蘇る水)活性力が強く希釈倍率300倍~1000倍希釈~安定した育ちの報告。《蘇る水》活用した葡萄の玉落ちは、品質低下に繋がり経済は農業の利が減少しています。サイトの一番下に、葡萄の玉落ちを防ぐ実験例映像。糖質に於いては、桃12.6℃通常価格帯。《蘇る水》処理後の桃は瞬間に糖度が上がり15.6℃へ糖質の経済効果。果汁は、旨さが出ない未完成農業経済「特化例」中国・台湾‥サウジアラビア富裕層支持され林檎一個8000円前後で取引。開発は、30年前から人々の健康を『生活習慣病の改善。乳癌予防改善。老化改善。コロナ終息発明』医療費削減。人と食材の健康技術を病んだ農業へ投入《蘇る水》洗浄リンゴピカピカです。儲からない⇒儲かる農業へ『果物鮮度。糖質UP。果汁増加』農業は甦生革命が必要です


水道水

    蘇る水

水道水     蘇る水

    水道水

   蘇る水

蘇る水洗浄林檎 14日



ダウンロード
米報告.pdf
PDFファイル 52.2 KB

海水好適環境..   蘇る水食材洗浄後~冷蔵(3℃)氷が張る 驚異の温暖化対策


台風はどこで生まれるのか、(?)海面付近水温が平均水温が26℃以上になる海は(フィリピンと台湾)間あたり北緯20度線より南側です。台風被害は一年間日本に台風上陸、農業、水産、畜、家、車、電車、建築破壊‥人が数百人死に経済の悪化低迷します。一年間1700億円以上の被害-が起こっています。台風被害がゼロに成れば、豊な日本を作れます。其処で冷蔵庫内4℃で氷が張る技術を日本が応用したとします。家庭・飲食店で《蘇る水》使用する事で、人々は生活習慣病の改善を手に入れ医療費削減。風邪に対応免疫力・治癒力が備わります。飲食店では旨いと口コミで繁盛店作りに繋がります。キッチン流れる(蘇る水)排水溝浄化。干潟の小動物を癒し大河へと流れ地球環境浄化CO2分解。大型台風の発生防止。

土壌汚改善。水質改善BOD削減。空気を浄化する《蘇る水》作るバイオセラミックスを様々な方法で活用する事で、平均気温1.5度を下げる事が可能に成ります。世界中の氷河の氷が解ける現象を、再び100年前の地球に甦らせる唯一の方法です。温暖化加速させる石炭・車の触媒・工場』水を甦らせる技術は、空気の廃棄ガスCO2分解。植物の治癒力開発考案開発。バイオ技術を世界中が使用する事で100年前、地球環境に蘇ります

 

地球温暖化を甦らせる方法は、温暖化の元となる「(CO2)は、イオン構造ベンゼン核」から成り立ちます。(薬の構造と類似)植物の治癒力バイオセラミックスから放出される微弱な電子の働きで、万物は壊れた細胞を「水蒸気・空気・汚水」甦らせる力が有り《蘇る水》に変わります。石炭に於いては《蘇る水》から放射される電子含有を石炭に掛ける事で、石炭ガスCO2イオンベンゼン核の構造(酸化⇒圧縮⇒分解⇒凝固⇒沈澱)CO2を削減します。ドイツも石炭火力発電から風力発電へ。日本も、石炭火力発電停止と成れば電気代が上がります。安価な石炭の見直しが必要です。

池を浄化セラミックス『汚水のイオン構造をバラバラに離脱』万物の酸化結合「酸化⇒分解⇒圧縮⇒凝固⇒沈殿」万物構造はco2ナノミクロ「全リン・窒素」構造変わります。冷蔵庫の中《蘇る水》入った(野菜。蜆。苺)冷蔵庫の中は3℃~4℃ですが3日目~氷が張る現象が起こります。通常-1℃で氷が張りますが《蘇る水》は、アルカリの電子を含んだナノミクロ粒子は、氷点が変わり3℃で氷が張る現象こそ氷河が甦ると想定します。

日本を蘇らせる方法は、人口減少は食と水の酸化で血液が汚れ医療費は、42兆6千億円掛りコロナ45兆円に膨れ上がって無駄な医学で経済悪化


蘇る水技術

氷河崩落

蜆の氷

揚げの氷

野菜の氷

台風削減



ダウンロード
蘇る水 酵素電子メカニズム.pdf
PDFファイル 7.4 MB

水質BOD技術..    PH14 ⇒一年後 2.6。全リン・全窒素‥環境汚水甦生改善


吉備津彦神社の汚水は、河川の改修工事後~川の水が池に入らず淡水赤潮が湧き出し業者も数社入り浄化していたが改善は困難だった。RSKTV中継も入り。吉備津彦池浄化作戦が始まった平成21年9月15日AM10時~汚水池3,333坪に水質改善セラミックスを散布。汚水池に雨がパラリ降ると】【微弱な電子と雨が=電子分解活性起こし汚水池を5時間後~池の水が変わり、その日の6時ニュースで香川・岡山県に流されました

全国の『土壌・海・湖』‥汚れ生態系が壊れ、東京湾は大雨が降ると下水があふれ東京湾に流れオリンピック競技場の水は大腸菌とニュースで報道されていた。人の身体も60%~80%水と血液の83%水で構成されています

 

水が甦る仕組みは、万物は「イオン構造ベンゼン核」から成り立ちます。「薬の蜂の巣構造」類似する。植物の治癒力から開発誕生セラミックスに接触5時間後(蘇る水)代わり。過去には切れた電気の球が9回点灯。セラミックス電子で『汚水のイオン構造をバラバラに離脱』した。万物の原子構造が変わり「酸化⇒分解⇒圧縮⇒凝固⇒沈澱」した。《BOD。PH。全窒素。全リン》汚水はナノミクロに圧縮して消え。《蘇る水》の領域が広がり10億分一の粒子減少した《蘇る水》触れた万物は、アルミ・鉄。プラスチック‥固く成り金属迄ナノ粒子構造に変わった。(例)悪臭‥瞬間ガス気化に変わりヘドロ臭が5時間で消えた。半年後~神社池の底は1.5ヘドロ悪臭は消え(緑(じゅたん)広がり春の池の底が緑色は其の為です。

吉備津彦神社の境内に広がる池のへどろ臭は消え、結婚式も行われ池は風の無い日は穏やかに成りました。年間50万人訪れる神社の好適環境を実現


平成25年5月24日セラミックス活水器から出る【蘇る水】2瓶に入れ、果物、野菜。腐敗実験を行い。7年経過~水が全く汚れない事が解りました。水が汚れる現象は、水に有機物が溶け込み腐敗。劣化。悪臭が発生します。蘇る水の中では、有機物が閉まり水が甦り環境汚染も防ぐ技術



水質検査・岡山県健康作り財団。安全性日本食品分析センター  平成22年9月16日~平成23年9月23日



ダウンロード
酸化還元電位.pdf
PDFファイル 221.7 KB

ブランド養殖..     蘇る水~メチルアミン魚臭改善。水質改善。驚異の生育改善。



水質改善セラミックスを汚れた汚水の中に「水質改善環境セラミックス」を入れることで、水は清らかに成り生態系を癒します。腐葉土と同じミネラルが(バナジューム。ケイ素。マグネシユム。カリユーム)溶け出して来ます。水は清らかになり。養殖魚の成長を早め、餌の改善は魚臭(メチルアミン)が消え美味しい魚に代わります。海は豊かに肥え「汚水、悪臭」は劇的に変わります。

風邪を引くと養殖魚を食べろ実論事実。酸化した餌を稚魚に与えストレスで魚は病に掛ります出荷までに10回ワクチンを与えると背骨が曲がり。出荷時に切り身にして販売していると言う実話です。海の場合筏にセラミックスを垂らし水質改善。餌に(蘇る水)練り込むと、魚の病消え死滅は大幅に減少。近隣の水は汚れなくなります。赤潮など分解され汚水被害は消えます。魚の悪臭は消え、味臭みが消えて健康な肉質旨み増加。世界の何処にも無い。鰻屋革命8000円~1万円のうな重作れます。


改善前 BOD14

改善後 BOD2.6

改善前 BOD14

改善後 DOD2.6



ダウンロード
環境 病気を作り出す養殖業.pdf
PDFファイル 125.8 KB

ブランド畜産..   蘇る水~動物の健康。肉質改善。悪臭分解。環境甦生浄化。


農業水を貯める農業タンクの中に、酸化が甦るセラミックス入れる事で、水道水接触後~ミネラル「fe/f2」溶け出し軟水《蘇る水》成り。破卵を防ぐ方法《蘇る水》の中へ6時間後~殻の構造はナノ粒子代わり卵の殻は固くなり破卵削減。卵の独特な匂いが消え、味はまろやかに成ります。

 

■:肉質の改善 ⇒ 蘇る水処理後一晩で熟成肉の開発が可能です。動物臭は消えアミノ酸増加。

■:水質の改善 ⇒ BOD。リン酸塩。全リン改善。PHの改善。畜産業難問題改善対策技術。

■:食欲の改善 ⇒ 餌は香り豊かな餌に代わり 食欲が湧く技術。蘇る水は食べ物が美味しい。

■:悪臭の改善 ⇒ 匂いの元から分解。悪臭が消え働く環境改善。匂い悪臭のイオン分解技術。

■:生育の改善 ⇒ 細胞の活性の現象にて半年も早く出荷の改善。蘇る水は細胞甦生活性技術。

■:肉臭み改善 ⇒ 肉の匂いの原子構造を分解して発酵熟成技術。蘇る水は臭イオン構造分解。

■:肉旨み改善 ⇒ イノシン酸・グルタミン酸・アミノ酸が増加。豚・牛・鶏肉の質改善技術。

■:乳母炎改善 ⇒ 牛乳は腐ります。腐敗の無い。乳製品の改善。蘇る水処理~蘇生発酵技術。

■:乳癌の改善 ⇒ 毎日の暮らしは、牛乳に《蘇る水》30%いれ常温放置。翌日:蘇生発酵してヨーグルトに成り。7日目チーズに成ります。

食べ物が腐らなくなる《蘇る水》は、食材鮮度の酸化防止技術。胸のかゆみガゼット病の消滅にて、乳癌ステージ4が消えた体験が届けられた。

平成30年北海道地震で牛さんが乳を搾れず、6000頭が乳母炎に成り困り果てていると聞かされました。いつの日かお役に立てれれば幸いです。


万物が蘇る水

食と水の甦生

  損傷細胞甦る

牛乳腐敗蘇る

乳母炎の改善



ダウンロード
蘇る水乳癌体験報告.pdf
PDFファイル 77.4 KB

ブランド農業..    酸化ぶどう玉落ち改善。糖質・鮮度改善。アミノ酸果汁改善。


植物の模範力治癒力を活用した、空気の触れた『酸化した水を甦らせるバイオセラミックス』開発に成功しました。「例」人の細胞に対して、『壊れた細胞を蘇らせ老化の若返り。200℃の天ぷら焼けどを蘇らせる傷跡が残らず皮膚の再生に成功しました』。壊れた細胞が蘇る技術を果物に投入する事で、鮮度の改善。糖質の改善。葡萄の玉落ちを防ぐ技術を農業に投入しました。果物の糖質を上げる発明は画期的です。セラに接触させた水道水は、ミネラル、電子含有の高機能な《蘇る水》洗浄『スイカ・葡萄・イチジク・メロン・リンゴ・桃・柿・果実類』瞬間糖質が上がります。

 

翌日は、アミノ酸・クエン酸・酢酸増加。果汁増加。果物の糖質は「①果糖・②ブドウ糖」其々単体存在します。《蘇る水》処理後~①×②結合=シヨ糖。白桃は、12.6℃《蘇る水)噴霧後~15.6⇒4℃糖質上昇。岡山県の土壌は何処もPH5.4。原因は空気に触れ酸化した土壌に酸性雨が降り、絶えず土壌は連作障害が起こります。現代の農業事情は、酸化した土壌に石灰撒き土壌はアルカリに代わり、雨が降るとアルカリ土壌の表面は雨で流されPH5.4酸化土壌に代わり農薬散布土壌は常に固くなり再び繰り返され連作障害が発生します。《蘇る水》土壌に1000倍希釈して散布後の働きは、酸化土壌のイオン構造の結合を分解して、酸化土壌は、⇒発酵。熟成。芳醇。甦生土壌に代わります。農業の革命が必要です。糖質改善。アミノ酸改善。鮮度改善。健康な食作り

 

ミツバチが消える原因は農薬が原因です。ドロンで農薬代わり(蘇る水)水田に撒く事でイネは病気に成らず良く育ちます。農薬は身体に悪く蜜蜂にも良くありません。水質改善セラミックスを水田の水が入る個所に50個入れる事で、土壌は指が入るほど土壌は柔らかく成ります。8月と言うのに稲穂は、黄金色台風が来ても稲は倒れず真っ直ぐでした。ウンガも湧かず。通常3反で9俵でしたが《蘇る水》恩恵は10俵の報告に驚きです

農業革命《蘇る水》アルカリ7.8.⇒1000倍希釈土壌散布~土地は2週間後~甦生発酵されミミズが湧きモグラがミミズを食べ土はふわふわになり土壌はアルカリPH7.5に成る事で、連作障害は改善。水質改善実例は、吉備津彦神社の汚水は「PH9.3.。処理後7.5」「BOD14。一年後2.6」改善

収穫時:苺‥新鮮時には美味しそうに見えますが、店頭に並び、翌日からカビが湧きます。食材廃棄が有ります。蘇る水で洗浄した苺は2週間カビが来ませんでした。何方がやってもカビは来ませんでした。葡萄収穫時、3日目から玉が落ち始め商品価値が下がります。蘇る水洗浄した葡萄は4週間後~玉が光り玉落ちがしませんでした。赤い葡萄の品種は不明ですが5、玉を支える茎の先端は、鶏の爪の様な形をしてロックされ玉落ちがしない理由判明。玉落ちを防ぐ方法は、葡萄収穫時もぎたて時に農業用『マグネシュウム・カリユム』。電子含有《蘇る水》噴霧するだけで、糖質はかなり上がります。果汁増加。アミノ酸増加・クエン酸増加。玉は大きく灰汁が消えます。茎は締り玉落ちを防ぎます。鮮度は通常よりもリフレュに代わります。時に海外へ出荷のは鮮度が保たれる事が重要。農業革命は《蘇る水》に変われば、果実産業は、費用対効果の豊かな農業産業と成ります


 ホウレン草

 2週間

通常14日 苺

処理14日 苺

葡萄購入

蘇る水処理~4週間 葡萄芯 細胞の若返り



ダウンロード
酸化 VS 蘇生 一枚図.pdf
PDFファイル 2.8 MB

蘇る水のニュース

BIO予防医学

家庭で育毛

お問い合わせ

各種PDF資料

  若返り通販



お問い合わせ                                        TEL 090-4308-3778

違約金 文章、映像コピー

当社ホームページに記載した、商標登録【蘇る水。グラード水】使用者は、違約金の請求が発生します。又、『文章、映像』一行足りとてもコピーは禁止です。見つけ次第、違反者には著作権違反と成ります。弊社顧問弁護士を通じ1000万円の請求が発生します。厳しく対応します