地球温暖化CO2分解..  国連提案 環境技術

植物の治癒力から開発誕生したバイオセラミックスにて、人類が汚した(土・水・空気)‥再び甦らせて地球温暖化を甦らせるバイオテクノロジー




❐・環境技術PDF資料 開く


吉備津彦神社の汚水は、河川の改修工事後~川の水が池に入らず淡水赤潮が湧き出し業者も数社入り浄化していたが改善は困難だった。RSKTV中継も入り。吉備津彦池浄化作戦が始まった平成21年9月15日AM10時~汚水池3,333坪に水質改善セラミックスを散布。汚水池に雨がパラリ降ると】【微弱な電子と雨が=電子分解活性起こし汚水池を5時間後~池の水が変わりその日の6時ニュースで香川・岡山県に流されました。

 

全国の『土壌・海・湖』‥汚れ生態系が壊れ、東京湾は大雨が降ると下水があふれ東京湾に流れオリンピック競技場の水は大腸菌とニュースで報道されていた。海底は赤茶け。藻が生えず。貝類・小魚も増えず。魚は沖えと漁業にも深刻な問題が発生しています。水の酸化は、誰も解決出来ず、困り果てて成す術が無い状況が続いています。

1㎝玉バイオセラミックスを自衛隊の応援が有れば、ボートに乗り。手作業で数億トン撒くと事で、海は好循環に水は蘇り万物の生態系が甦ります

 

水が甦る仕組みは、万物は「イオン構造ベンゼン核」から成り立ちます。「薬の蜂の巣構造」類似する。植物の治癒力から開発誕生セラミックスに接触5時間後(蘇る水)代わり。過去には切れた電気の球が9回点灯。セラミックス電子で『汚水のイオン構造をバラバラに離脱』した。万物の原子構造が変わり「酸化⇒分解⇒圧縮⇒凝固⇒沈澱」した。《BOD。PH。全窒素。全リン》汚水はナノミクロに圧縮して消え。《蘇る水》の領域が広がり10億分一の粒子減少した《蘇る水》触れた万物は、アルミ・鉄。プラスチック‥固く成り金属迄ナノ粒子構造に変わった。(例)悪臭‥瞬間ガス気化に変わりヘドロ臭が5時間で消えた。半年後~神社池の底は1.5ヘドロ悪臭は消え(緑(じゅたん)広がり春の池の底が緑色は其の為です。



・山陽放送TV中継 吉備津彦神社 大作戦 セラミックス散布→5時間で汚水分解



日本の近海 水質改善浜辺が甦る   BIO  CERAMICS TECHNOLOGY


吉備津彦神社の汚水3333坪神社境内にセラミックスを撒くと5時間で水質が変わりました。半年後には、ヘドロの上に藻が生え緑の絨毯が広がりました。台風被害で海も河川から流れる様々な(農薬・工場排水・土砂)で天藻が消え、家庭排水でどろで海は汚水海水に成り、漁獲高が年々縮小されています。水の汚れ三重県・長崎県・愛媛県‥真珠のあこや貝が大量に死に海が汚れると一級品はどんどん減り真珠業界も低迷。神社の境内に湧く淡水赤潮も消え10年経過しても淡水赤潮が湧きませんでした。現在の海は汚れ全国裏裏まで赤潮が湧き、魚が死滅何十億円も被害を改善技術

 

日本の100年前の海は、海水は透き通り、海はミネラルが豊富な海は、魚がうじゃうじゃと湧き浜辺はにぎわっていました。昭和50年代頃日本近代化に成り工場排水が増え海は汚れ切り、熊本のヒ素被害。三重の排水で魚は死に死の海と成りました。秋田県の海がハタハタで業で浜はにぎわいましたが今は少ないと言われ。牡蠣の食中毒が起こるのは海の汚れで(腸炎ビブリオ菌・サルモネラ菌・O21号)が海の中で魚に着き、飲食店は食中毒に成り飲食店も衰退します。飲食店は半年で倒産率50%。5年で倒産率80%です。飲食店が流行らないのは日本の不景気と連動しています。

 

日本の漁業の衰退から脱出する方法。景気回復浜辺プロジェクト。魚の減少で働く人も出来ず街へ若者がサラリーマンに成りました。其処で近海のヘドロの死の海、浜辺や甦らせる技術開発は、全国筒裏裏の浜や沖に、植物の治癒力から開発したセラミックスを撒く事で、山から流れるミネラル以上の効果が有ります。水は半年で透き通り海は豊富なミネラル『カリユム・マグネシュム』‥海は豊富な海と成り半年で近海に(天藻)が生え、卵を魚が天藻に産み付け稚魚、小型魚、中型魚を追い求め大型魚が近海に集まり100年前の食物連鎖が行い。魚が日本近海に湧き遠洋漁業は無くなり地元の海は浜場で人が集まり食中毒は消え、飲食店も繁盛店が増える事で、水産・畜産・農業・果実業・酒業・調味料会社が景気が成ります。

 

飲食店の倒産率は、開店から半年で50%。5年80%です。食中毒100%倒産。原因は食の酸化です。魚。野菜。果物。肉は熟成肉は臭みが無く、鮮度が甦る事で街に行列。和洋中の飲食店が流行る事で沢山の人が集まります。路地裏。2F。山の上。看板無し。盛店を作り街を蘇らせます。


地球環境「温暖化を甦らせる」 ユリ・プランタン植物蘇生実験


蘇る水を与えた植物(ユリ)は真っ直ぐ上を向く現象。左の水道水のユリは下を向いています。海底なら、酸化した海水をセラミックス蘇らせた(使用後の海の天藻)は真っ直ぐ向き豊かな海底に蘇ります。

街のプランタンに《蘇る水》与えた植物は、真っ直ぐ上を向いています。魚高減少は近海の海の藻が消えています。何故?異常気象被害は、海にも影響が有ります。大雨で河川から土が海流れ天藻は土砂に埋もれ。海底に藻が無いから魚は沖に沖えと行きます。天藻を増やすのは簡単。植物の治癒力を持つ水質改善バイオセラミックス散布後の海は豊かな海が甦ります

ミニ霧吹き容器セラミックス球入れ水道水の構造が変わり青い藻が湧いた。現代の海は、ミネラルが無く。海苔が抜けています。セラミックス使用後の水《蘇る水》は植物は真っ直ぐ上を向きます。海の生態系を甦らせる技術。



水道水のユリ

蘇る水

水道水のプランタン

蘇る水のプランタン

容器の中で藻が湧いた




吉備津彦神社の汚水3333坪を5時間で甦らせたのは(セラミックスから出る電子の働きで汚水のイオン構造を分解)して水が甦りました。神社の汚水を蘇らせた半年後の池の底を見ると、池の赤茶けたヘドロの上に3333坪藻が生えました。海底なら大雨の影響も関係なく大自然の治癒力の働きで海底に藻が生えて魚が卵産み付け、小魚が沢山湧き、中型魚が集まり大型魚が集まります。食物連鎖で100年前の温暖化が正常に整える


バイオ技術蘇る水食材洗浄後~冷蔵(3℃)氷が張る映像 温暖化対策バイオテクノロジー


地球温暖化を甦らせる方法は温暖化の元となる「(CO2)は、イオン構造ベンゼン核」から成り立ちます(薬の構造と類似)植物治癒力バイオセラミックスから放出される微弱な電子の働きで、万物は壊れた細胞を「水蒸気・空気・汚水」甦らせる力が有り《蘇る水》に変わります。

池を浄化セラミックス『汚水のイオン構造をバラバラに離脱』万物の酸化結合「酸化⇒分解⇒圧縮⇒凝固⇒沈殿」万物構造はco2ナノミクロ「全リン・窒素」構造変わります。冷蔵庫の中《蘇る水》入った(野菜。蜆。苺)冷蔵庫の中は3℃~4℃ですが3日目~氷が張る現象が起こります。通常-1℃で氷が張りますが《蘇る水》は、アルカリの電子を含んだナノミクロ粒子は、氷点が変わり3℃で氷が張る現象こそ氷河が甦ると想定します。

 

土壌汚改善。水質改善BOD削減。空気を浄化する《蘇る水》作るバイオセラミックスを様々な方法で活用する事で、平均気温1.5度を下げる事が可能に成ります。世界中の氷河の氷が解ける現象を、再び100年前の地球に甦らせる唯一の方法です。温暖化加速させる石炭・車の触媒・工場』水を甦らせる技術は、空気の廃棄ガスCO2分解。植物の治癒力開発考案開発。バイオ技術を世界中が使用する事で100年前、地球環境に蘇ります

台風はどこで生まれるのか(?)海面付近水温が平均水温が26℃以上になる海は(フィリピンと台湾)間あたり北緯20度線より南側です。台風被害は一年間日本に台風が上陸、農業、水産、畜、家、車、電車、建築破壊‥人が数百人死に経済の悪化低迷します。一年間1700億円以上の被害-が起こっています。台風被害がゼロに成れば、豊な日本を作れます。其処で《蘇る水》4℃で氷が張る技術を日本が応用したとします。フィリピン海域にセラミックス散布後温度が上がらず、台風発生を防ぐ事に繋がります。植物の治癒力から生まれたバイオ技術は投入は、いつなのか...........


蘇る水甦生技術

氷河

蜆の氷

揚げの氷

野菜の氷

台風




・環境破壊  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

吉備津彦神社汚水3333坪。水質悪化・BOD14


東京オリンピックの成功は、下水で汚れた東京湾をバイオ触媒で蘇らせます。大雨で下水道から大量に東京湾放出された汚水が、東京湾を汚しTVで報道大腸菌が湧き、オリンピックの競技が出来ないと報道されています。水質浄化対策方は、東京湾の海底は汚れきっていて(藻さえも生えない)魚業の活性。魚稚魚を増やすために、水質浄化バイオセラミックスを大量に撒く事で半年で水質改善『前例』を。ご紹介致します。岡山市一ノ宮の汚水浄化した、吉備津彦神社を浄化する実例が有ります。下の吉備津彦神社の汚水にセラミックスを撒く事で、半年で水質は大幅に改善されます。



                                                                処理前 BOD14                                           汚水3333坪 ビデオ上渦をクリック


環境蘇生   ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

蘇る水~悪臭分解・水質改善・BOD2.6改善


酸化で汚れた汚水は吉備津彦神社の汚水3,333浄化大作戦は山陽放送TVも入り、平成21年9月15日。神社広報宮司さんがボートに乗り汚水池に水質改善バイオセラミックス巻きた翌年~半年後、平成22年5月の映像は池の底にはヘドロの層は1.5㍍有りヘドロその上に(緑の絨毯)が広がりました。神社の池の木々は青々と茂り。水は穏やかに成り空気は浄化されました。池の浄化奉納恩恵は、感謝状が届けられました。人の身体は(水60〜80%・血液の83%)含有。電子で構成されています。酸化した住居の暮らしで生活習慣病が作られています。病は薬やサプリメントでは血液が綺麗に浄化されません。健康。幸福。豊かに導くのは『蘇る水』の暮らしは食の改善。老化の改善36兆個の細胞の若返りが重要です



池浄化後 ビデオ上をクリック                            処理後 BOD2.6


BOD削減数値  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 


BOD水質検査表 食品分析センター安全性表 平成22年9月16日⇒ 平成23年9月23日



・車の革命 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 地球環境温暖化防止 バイオセラミックス技術


人類が豊かな生活を求め車が大量に増産された。石炭やガソリンが大量に燃やされ森林が伐採されco2がオゾン層に溜まり温暖化とされる最近雨の降り方が異常です。風は凶器に変わっています。セラミックス環境技術は:池の汚水3,333坪を5時間で分解した。『水質浄化セラミックス車の触媒へ組み込み事で』排ガスを分解無臭。新しい真似の出来ないバイオ触媒が誕生。地球環異常気象で災害が多発しています。令和時代1.5上がり。20年後4℃上がり。地球は悲鳴あげています。水や空気を清浄にして、100年前の地球に甦らせるバイオ技術普及活動しています。

 

車の排ガス対策は:ガスの匂いCO2を根こそぎ分解します。何故:物の物体構造はイオン構造から成り立ちます。セラミックス接触したco2の元のニ酸化炭素の『イオン構造を瞬間にバラバラ分解』‥根こそぎ匂いが出ない。セラミックスバイオテクノロジーです。車のタンクにおちょこ1杯セラミックスに接触させた《蘇る水》入れる事で、排ガスの匂いは無臭に成ります。

 

植物治癒力から開発考案した、水質浄化セラミックスを触媒に投入後~排ガスは消え【CO2は分解され~空間浄化。悪臭分解。二酸化炭素分解】。地球環境浄化‥地球環境温暖化防止。空間浄化。悪臭。‥車の業界にとってお客様に支持され『付加価値・費用対効果・経済効果』が生まれます。


水産浄化  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 

蘇る水・水質分解・生育技術・魚旨み改善



水質改善セラミックスを汚れた汚水の中に「水質改善環境セラミックス」を入れることで水は清らかに成り生態系を癒します。腐葉土と同じミネラルが(バナジューム。ケイ素。マグネシユム。カリユーム)溶け出して来ます。水は清らかになり。養殖魚の成長を早め、餌の改善は魚臭(メチルアミン)が消え美味しい魚に代わります。海は豊かに肥え「汚水、悪臭」は劇的に変わります。

 

風邪を引くと養殖魚を食べろと言います。酸化した餌を稚魚に与え、ストレスで魚は病に掛ります出荷までに10回ワクチンを与えると、背骨が曲がり。出荷時に切り身にして販売していると言う実話です。

海の場合筏にセラミックスを垂らすと水質改善。餌に(蘇る水)練り込むと魚の病消え。死滅は大幅に減少します。近隣の水は汚れなくなります。赤潮など分解され汚水被害は消えます。魚に与える薬の回数が劇的に削減します。魚の悪臭は消え味臭みが消え、健康な肉質に代わります。鰻屋が喜ぶ8000円~1万円のうな重作れます。

 

ウナギは:ぬめり灰汁・臭みが有り食すと不味い。ウナギをさばき(蘇る水)中に入れ6時間後~臭みが灰汁が出てきます。2回水を変えるとで灰汁が消え水が透明に成ります。蒸し焼きにして、たれをつけ焼きますと、ふわふわのウナギは焼けます。ご飯はご飯で食べれる旨さに圧巻です。ご飯が世界一の味と世界一のウナギのコラボで一万円のうな重が完成。各位の脳みそを、感動の味へ導きます。世界に一つしかないコンサル承ります。

 

愛媛県南宇和海(蘇る水開発者私の故郷)海が汚れる原因は、フグのえらに着く寄生虫を予防する薬品と養殖業餌の酸化で海が汚れ、毒性プランクトン湧き真珠が死に大打撃が来ると予想していました。一度、真珠組合に最高の真珠養殖を提案しましたが、はあ~不要と断れた事も有りました。ニュースで貝が全滅と聞かされ驚き。海が汚れた中で真珠のレベルは年々落ちて要ると想定します。海を甦らせる方法は植物治癒力バイオセラミックス真珠棚に撒き更に、真珠養殖棚の中にセラミックスを垂らす作業必要。彦神社の淡水赤潮が5時間で蘇り。BOD14⇒2.6。全リン。全窒素水質改善実例。セラミックスで作る蘇る水に触れたアルミ3年金属は光り輝きます。海が甦れば、真珠の最高峰ハイレベルの養殖が可能に成ります。


    33333坪 水質改善ビデオ         水質改善前             水質改善映像



畜産技術 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 蘇る水~高品質な製品作り。牛乳の酸化分解


農業水を貯める農業タンクの中に、酸化が甦るセラミックス入れる事で、水道水接触後~ミネラル「fe/f2」溶け出し軟水《蘇る水》成り。破卵を防ぐ方法《蘇る水》の中へ6時間後~殻の構造はナノ粒子代わり卵の殻は固くなり破卵削減。卵の独特な匂いが消え、味はまろやかに成ります。

 

■:肉質の改善 ⇒ 蘇る水処理後一晩で熟成肉の開発が可能です

■:水質の改善 ⇒ BOD。リン酸塩。全リン改善。PHの改善

■:食欲の改善 ⇒ 餌は香り豊かな餌に代わり 食欲が湧く技術

■:悪臭の改善 ⇒ 匂いの元から分解。悪臭が消え働く環境改善

■:生育の改善 ⇒ 細胞の活性の現象にて半年も早く出荷の改善

■:肉臭み改善 ⇒ 肉。魚‥匂いの原子構造を分解して悪臭改善

■:魚旨み改善 ⇒ 魚の臭みメチルアミンを分解して魚臭の改善

■:乳母炎改善 ⇒ 牛乳は腐ります。腐敗の無い。乳製品の改善

■:乳癌の改善 ⇒ 毎日の暮らしは、牛乳に《蘇る水》30%いれ常温放置。翌日:蘇生発酵してヨーグルトに成り。7日目チーズに成ります。

食べ物が腐らなくなる《蘇る水》は、食材鮮度の酸化防止技術。胸のかゆみガゼット病の消滅にて、乳癌ステージ4が消えた体験が届けられた。

平成30年北海道地震で牛さんが乳を搾れず、6000頭が乳母炎に成り困り果てていると聞かされました。いつの日かお役に立てれれば幸いです。



果物技術  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 蘇る水~鮮度UP.酸化から蘇生の果物へ


岡山県の土壌は何処もPH5.4でした。原因は:空気に触れ酸化した土壌に《酸性雨が降り》絶えず土壌は連作障害が起こります。そして酸化した土壌に石灰撒き土壌はアルカリに代わります。雨が降るとアルカリ土壌の表面は、雨で流され再びPH5.4の土壌に成ります。農薬を撒かれた土壌は固くなり再び繰り返され連作障害が起こります。

 

収穫時:苺‥新鮮時には美味しそうに見えますが店頭に並び・翌日からカビが湧きます。食材廃棄が有ります。蘇る水で洗浄した苺は。2週間カビが来ませんでした。葡萄収穫時、3日目から玉が落ち始め商品価値が下がります。

 

蘇る水洗浄した葡萄は:4週間後玉が光り玉落ちがしませんでした。鮮度が保持され、海外へ出荷のは鮮度が保たれる事が重要です。岡山県白桃は糖質が12.6℃クインクラスですが)。蘇る水を掛けるだけで瞬間糖質が15.6に変化しました。空気の酸化した現状でも(蘇る水)に変われば、果実産業は:白桃・葡萄がお歳暮に登場。付加価値。費用対効果。豊かな産業と成ります。


通常苺 2週間

蘇る水 苺2週間

通常 みかん

蘇る水みかん10分

通常 葡萄

蘇る水葡萄4週間




ミツバチが消える原因は農薬が原因です。ドロンで農薬代わりに水田に撒く事でイネは病気に成らず。良く育ちます。農薬は身体に悪く蜜蜂にも良くありません。水質改善セラミックスを水田の水が入る個所に50個入れる事で、土壌は指が入るほど土壌は柔らかく成ります。8月と言うのに稲穂は黄金色していました。台風が来ても稲は倒れず真っ直ぐでした。ウンガも湧かず。通常3反で9俵でしたが、《蘇る水》恩恵は10俵でした。


蘇る水のニュース

BIO予防医学

家庭で育毛

お問い合わせ

各種PDF資料

  若返り通販