細胞から若返る.....化粧品....... BIO TECHNOLOGY


しわシミ タルミ・豊齢線 改善技術は 野菜観葉植物から発見



恐怖の美顔器のお話

1秒に10万回微振動する恐怖の美顔器は、皮膚に美顔器装置を当てると細胞組織まで振動します。皮膚の構造は、①表皮、②真皮、③皮下組織、④バリヤゾン、⑤基底層迄」。微振動が起こります。すると基底層が微振動を起こし細胞が張れる上がる現象が起こります。表皮は盛り上がり(しわが伸びる)仕組みが美顔器ですが」。美顔器を当てない時は、腫れ上がった細胞組織は、一気に「風船のように空気が抜けた時」。しわが倍増に増え老け顔に成ります。蘇る水のテクノロジーは、機械に頼るのではなく、細胞組織が活性を起こす、しわのばしの原理は植物や野菜組織が(酵素活性を起こし)垂れた皮膚。ほほに張りが生まれ””「若々しい細胞」””に導かれます。

皮膚の迄も蘇らせるウォーター技術は植物の力から誕生したバイオ「抗酸化化粧品」開発が始まりました。平成12年2月2日~植物に酵素を希釈して毎日与えた。太陽光も無いサロンの中で1㍍足らずの植物は酵素活性。1年半年で大きく成長して「葉は大きく濃く良く茂って3mに成長」天井エアコンの中に突入した。「夏10℃冷風」冬50℃温風」の風が植物に当り3年経過しても何故枯れない。不思議に思い葉を触った葉から粘々の液を放出して己の細胞を守っていた植物が良く成長する自然界に存在する「植物模擬模範バイオミオテックス」好適環境を実現する「治癒力」を持つ酵素を弊社の、BIOヘアケア・スキンケア全製品に投入しました。


街の古びた錆た看板 さび消滅! 抗酸化BIO化粧品実験


看板に化粧水塗布実験前⇒      BIO化粧水⇒        看板塗布後48時間後映

写真撮影は、植物は太陽光線でも無い処でも沢山の新芽が出ています。何故、植物は日の当たらぬ処でも光合成を活性させる事が出来るのですか(?)蘇る水を与えた観葉植物は、体内に含まれる金属酵素の関連性です。酵素とは、タンパク質であるが、タンパク質の活性中心には、鉄(Fe)・亜鉛(Zn)・マンガン(Mn)・銅(Cu)・セレン(Se)が挟み込まれている。蘇る水に利用されているセラミックスから、これらの金属イオンがセラミックスに水を接触させると(蘇る水)から電子放射します。

酵素の力を触媒する(助けてくれる)体内にある「3000~5000種に及ぶ」酵素の力を(120%)以上に高めて(5種類金属)体内酵素を活性指せることが可能に成りました。切れた電球の球が点灯を9回確認した事実は、太陽光線も無い処でも(蘇る水)植物は光合成を活性します。植物酵素活性理論から生まれた(蘇る水)を化粧水代わりに使用すると【顔のしわが伸びる】。毛髪活性毛が行われ、爪や毛髪が良く伸びます。植物模擬模範バイオ酵素電子テクノロジーを全製品に投入しています。「スキンケア・ヘアケア」製品は、皮膚の刺激を削減する為に薬毒生薬)の刺激を削減する配合を「13年間で1000回変更」して開発を行い。念願の製品が完成しました。


平成14年10月20日~全身ソープに生豚肉を浸けていますが、現在も腐敗が起こらず細胞を保護しています

世に有るスキンケア・ヘアケア製品の原料には、生薬漢方毒が有り、皮膚に毛髪頭皮に刺激が有ります。例えば、生薬漢方が世界各国で採取されます。

 

土壌から抜かれた薬草は、空気に触れ「酸化劣化」が始まり空輸や船便で日本に到着します。そしていつ製品原料に成るか解らず「酸化」した原料は、何年も寝かされやがて商品と成りますが....開発メーカーは世に出す期間は通常半年であり、空気の酸化に対して保護できず、原料は薬毒と言う物が当然含有しています。酸化に対しては、加齢対策は出来ず。豊齢線。皮膚のたるみ対策は出来ない。

 

天然だから安心と思っていたが「石油系天然100系」でも化粧品毒素は有ると言う事実は驚愕でした。メーカーはその原因は解らず。酷いアレルギーが有り、どこも薬毒と言う刺激削減中和技術が無い。市販製品を使用してSHAMPOOで頭を洗うと」。猛烈にかゆみが有りました。

 

何処の洗顔石鹸も洗顔後顔にツッパリが有り「刺激の無い物は無い」多くの人が言われます。世の中肌の綺麗な女性を観た事が無い多くの男性がそう思っています。蘇る水の洗顔ソープは刺激ゼロ製品。ミクロの汚れを落とします


BIO化粧水「生豚肉」抗酸化 細胞が壊れない 苺実験


平成191210日~ 20年5月15日⇒ 20年12月8日⇒  21年5月8日~「苺」平成21年2月19日~

1910月20日~バイオ化粧水の中に、生豚肉を入れ腐敗実験を行った。

半年後、生の豚肉は腐敗は起こらず、細胞を維持。2年後④では、豚肉の血が抜けて、血や豚肉の老廃物が底に溜まっていた。細胞が壊れないエイジング化粧水は、加齢でしわが増える「酸化皮膚」対しては、蘇る水の中では、化粧水の中の豚肉の細胞は壊れず、右の苺さえも””(8年間腐敗が起こらず)””細胞を維持している


酸化防止抗酸化BIO化粧水実験」肌の酸化を防ぐリンゴを2つに割り、左半分に塗布」平成191212日AM630分撮影。40時間~60時間経過したが。左半分は全く変化無し。右側半分のりんごはやや酸化が起こっているがBIO化粧水を付けた左側は、ビタミンCの美白効果以上の抗酸化力が現われています。植物模擬模範「バイオミオテックス」テクノロジーから生まれた技術にて「老化が若返る」健康な肌。美しい肌の改善提案が出来る、蘇る水の恩恵だけでも「しわの改善、シミの分解」効果が表れています。平成191213日AM7時30分」映像で残された。リンゴ化粧品常温実験


化粧水 酸化実験 加齢肌が若返る 年齢対策...