乳癌予防


癌大国バングラデシュは露店で揚げ物を食する文化は酸化した揚げ物は世界一癌大国とNHKで放送。揚げ物の酸化した油は体内に活性酸素が湧きます。「例」飲食店で天ぷら油食べると全身にかゆみが出て体にブツブツが全身に襲ってきた。医者は絶対古い油ポテトチップを食べてはいけないと忠告。酸化した揚げ物は血液が汚れ癌が誘発している。癌は年間100万人死亡。家庭ではセラミックスを新品油に入れ酸化を蘇らせ24時間経過した油を甦らせて使用しています。鯵フライは揚げ物中に泡が出ず健康な血液を汚さない揚げ物に成ります。牛乳は腐りやすい「酸化発酵」は破壊的・流動的に腐敗が始まり自然界に流れて行く死を意味します。酸化を蘇らせる「甦生発酵」に変える(蘇る水)入れると瞬間にヨーグルトに代わり、常温2週間腐らず女性を酸化から守る(蘇る水)を暮らしに取り入れる事で、腐敗から守る方法は、一日(蘇る水)500cc~2ℓ飲用して下さい。店から購入した全ての食材(魚類。野菜。果物)蘇る水で洗うと「蘇生発酵」に変わります。味は、9時間後(蘇生発酵)発酵・熟成・芳醇‥蘇り美味しい食べ物に代わります。体内の酸化を蘇らせ、血液が汚れない健康こそ乳癌予防です。家族を守る(蘇る水)老若男女健康法です