安全性   BIO CERAMICS WATER TECHNOLOGY



植物の模範から開発したセラミックスの安全性は、模範酵素を粘土に練り込み1200℃の温度で燃焼させ陶器状1㎝球の不純物は無し日本食品分析センターで確認。水道水の安全性は水質適合水としてPH7.2数値が認可されています。吉備津彦神社汚水BOD14.1年度BOD2.6。平成19年~生活習慣病の元水道水の酸化を蘇らせ、此れまで弊社と販売会社様を含め此れまで3万人様を健康に導き医療費500億円削減しています。


水質適合水PH7.2

吉備津彦神社汚水 BOD14

一年後 BOD2.6

日本食品分析センター



  環境技術

  理美育毛

   飲食業

健康相談

       PDF資料

       BIO通販